さいたま市民葬祭 > ブログ

ご親族様に突然、御不幸が訪れた際は病院、施設へ寝台車にて24時間お迎えに伺います。

故人様のお帰り先は、ご自宅か弊社の安置所へご移動する形になります。

さいたま市民葬祭の安置所は無料にて提供をさせていただいおります!

ご家族様に費用面にて負担をかけないよう御葬儀のお話をさせていただければ幸いです。

事前相談も無料にて承っておりますので、ご連絡いただければ幸いです。

さいたま市葬儀葬式家族葬受付葬儀社

0120-4194-51

さいたま市民葬祭

葬儀に行くと、小さな袋に入った塩を貰ったことがある人も多いと思います。

この塩は「お清め塩」と呼ばれるのですが、何の為に貰うのかご存知ですか?

古来より、死は穢れた(けがれた)ものとして見られる事が多かったです。

葬儀に携わった者は穢れを受けるので、身を清めなければいけないと思われていました。

そのため、葬儀の帰りに塩で手を洗ったり、塩を撒いたりしていました。

葬儀の時に貰うお清め塩は、家の玄関をまたぐ前に使います。ひとつまみして、胸や背中、腕や足などにふりかけ、最後に手で払い、穢れをはらってから自宅に入る為のものです。

宗派にもよりますが、お清め塩は不要とする場合もあります。死を穢れたものと考えない場合には、清める必要も無い為、お清め塩も使いません。

宗派に関係なくとも、生前に親しかった方が亡くなったら直ぐに穢れたものになるというのはおかしいと考える方もいらっしゃるので、清める必要は無いと考える方もいらっしゃいます。

考え方は、十人十色なので、無理に合わせなくても、お清め塩を貰ったからといって、絶対に使わないといけないことはありませんし、逆にお清め塩を貰えなくても、清めてはいけないこともありません。自分の思うようにして頂いて大丈夫だと思います。

お清め塩の無かった葬儀に参列していても、お葬儀屋さんに言えば直ぐに用意してくれると思いますので、一声掛けてみてください。

さいたま市、葬儀、葬式、家族葬、受付葬儀社

さいたま市民葬祭

0120-419-451

亡くなった方のご遺骨を埋葬する方法に

合祀(ごうし)または合葬(がっそう)というものがあります。
読んで字のごとく、合祀は「合わせて祀る(まつる)」という意味で、合葬は「合わせて埋葬する」という意味の言葉です。
どちらも同じく、骨壷からお骨を取り出し、他の方のご遺骨と一緒にする埋葬方法のことを指します。
ご遺骨は色々な人の遺骨とひとまとめに混ざった状態になり、長い年月をかけて土に還るかたちで地面に埋葬されます。
合祀墓は
お墓の後継者がいない
ご家族・御子息にお墓を継がせたくない
お墓にお金をかけられない
などの理由がございます。
昨今、葬儀後に合祀墓へご遺骨を
おさめる葬家様が増えております。
永代供養、海洋散骨、樹木葬、法要等
ご葬儀、その他、事前相談
葬儀に関するお問い合わせ
その他
お気軽にご連絡下さいませ。

スタッフ一同お待ちしております。

さいたま市 葬儀 葬式 家族葬 受付葬儀社
0120-4194-51
さいたま市民葬祭

突然!ご不幸が訪れ、悲しみの中で御葬儀の準備をしていかなければなりません。

葬儀社は、どうするか?

式場は、どこにするか?

火葬場は、どこにするか?

どの様な、御葬儀を執り行えばよいか?

決めていかなければならないことが数多くあります。

お困りの際は、さいたま市民葬祭にご連絡くださいませ。

故人様のお迎えに伺い、打ち合わせ、お式場・火葬場の手配から御葬儀の進行を全て最後まで、お手伝いさせていただきます。

事前相談も承っておりますので、

ご連絡をいただければ幸いです。

さいたま市葬儀葬式家族葬受付葬儀社

0120-4194-51

さいたま市での、葬儀を検討されている方へ

弊社では、皆様のご負担を少しでも減らす為、公営斎場でのご案内をしております。

葬儀に関する、ご不明な点や・ご質問はさいたま市民葬祭まで

お問い合わせください。

さいたま市 葬儀 葬式 家族葬

0120-419-451

さいたま市にある浦和斎場にて、火葬式が執り行われました。

ご希望にお応えして、お花でお別れして頂く商品もご用意致します。

事前相談も随時承っております。どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

さいたま市、葬儀、葬式、家族葬、受付葬儀社

さいたま市民葬祭

仏壇と言えば「チーン」という音が浮かぶ方、多いんじゃないでしょうか。

あの音を鳴らす仏具が「おりん」です。

音によって心を静め、邪念を払い、

仏様に「これからお供えします」「お経(念仏)をあげます」とお知らせする意味があります。

お経をあげる時には、始めとお経の区切りに打ちます。

経文の中に黒い小さながついていますが、

あれがおりんを鳴らす箇所になっています。

鳴らし方は宗派によって少しずつちがいますけども、付属の棒(バイ)で軽く、やさしく、上部をたたきあげます。

密教系だと内側をたたくことが多いみたいです。

いいおりんの音は、なんだか包み込まれるような感じがいいですよね。

それぞれに意味があるんだとか。

機会がありましたらたたいて聴いてみて下さい。

ちょっと心静まりますか?

さいたま市、葬儀、葬式、家族葬、受付葬儀社

さいたま市民葬祭

0120-419-451

参列者の挨拶としてのお悔やみの言葉は、平凡でありきたりのものの方がよいとされております。余計なことを言うと、かえって差し障りができてしまうことも考えられるので、短くすませた方が無難です。

また、死因や病状などを聞くこと、お悔やみの言葉を述べるときに笑顔を見せることなどは失礼にあたります。子供を亡くされたご家族に自分の子供の話題をするのも慎んだ方がよいでしょう。

一般的には「この度はご愁傷さまでございます。心よりお悔やみ申しあげます」などがお悔やみの言葉で使われます。
「ご冥福をお祈りいたします」は仏式のみで、ほかの宗教では使えませんので注意が必要です。そのほか「成仏」「往生」なども仏教用語のため、ほかの宗教では使えません。
また、死を神に召される祝福と考えるキリスト教では、お悔やみのかわりに「帰天」「召天」という言葉を用います。

なお、お悔やみの挨拶の際は、忌み言葉(死を連想させるもの)や、重ね言葉(たびたび・重ね重ね)などは一般的に避けるべきだと言われていますので、注意する必要があります。

その他、ご葬儀に関するお問い合わせ

事前相談、海洋散骨、樹木葬、永代供養等

お気軽にご連絡ください。

さいたま市 葬儀 葬式 家族葬 受付葬儀社
0120-4194-51
さいたま市民葬祭

季節の変わり目や温度差で身体が悲鳴をあげてるかと思われます。

もしもの時は、さいたま市民葬祭にご連絡ください、御葬儀でお困りのことや相談などなんなりとお手伝いさせていただきます。

慌てる事の無いように事前相談も承っております。

さいたま市葬儀葬式家族葬受付葬儀社

0120-4194-51

今回紹介花祭壇は過去に執り行われたものになります。

黄色い洋花が華やかでとても素敵です。

花祭壇にはいろいろなサイズが御座います。

お気軽にお問い合わせください。

さいたま市、葬儀、葬式、家族葬、受付葬儀社

さいたま市民葬祭

0120-419-451

新しい5件 過去の5件