さいたま市民葬祭 > 2022年

皆さまはお寺様とのお付き合いありますか?

お寺様にお墓をおもちですか?

お寺様にお墓がありますと、

御葬家は菩提寺様と檀家の関係となります。

ご不幸があった際には菩提寺様と葬儀社にご連絡下さいませ。

御葬儀をどの様に執り行うか菩提寺様のご都合などを確認し日程を決めて御葬儀となります。

必ず菩提寺様にはご連絡をしていただくようになります。

 

御不幸がありました際にはご連絡いただければ幸いです。

さいたま市葬儀葬式家族葬受付葬儀社

0120-4194-51

さいたま市民葬祭

「家族葬」とは家族・親族だけで行う小規模なお葬式のことを言います。

一方で「一般葬」とは家族・親族と同時に、近所の方やご友人、会社関係の方など一般の方にも広く声をかけて行うお葬式です。

 

最近のお葬式は小規模化が進行しており、明らかに一般葬よりも家族葬がメインになっております。

ちなみに家族葬の1番のメリットは少人数でゆっくりと心を込めてお葬式ができることだと思います。

逆に一般葬の1番のメリットは何かというと、生前にご縁のあったたくさんの方々に最期のお別れをしてもらえることにあると思います。

 

また、この他にも家族葬と一般葬の違いはお葬式にかかる費用の違いであったり、会葬者からいただく香典収入の違いであったりします。

家族葬と一般葬のどちらが良いかは人それぞれであって一概に言えるものではありません。

しかし、お葬式を行う際に最も大事にしたいことは故人の遺志と同時に遺族の意思だと思います。

お葬式は生前の準備がとても大切です。

 

今一度、「どのようなお葬式をしたいのか?」について生前にじっくりと考える時間を持つことも大切なことだと思います。

 

そして皆様にはぜひとも後悔のない良いお葬式をしていただきたいと思います。

 

いつでもお問合せください

 

大切なご家族が亡くなり、葬儀の約1か月後に控えているのが「四十九日」です。亡くなったその日を1日目として数え、死後49日目が四十九日となります。この日に合わせて法要、またお墓がある場合は納骨も一緒に行うのが一般的です。また、葬儀の際に使用していた「白木位牌(しらきいはい)」から「本位牌(ほんいはい)」と呼ばれる、亡くなられた方の戒名が書かれた黒塗りの位牌を準備する必要があります。

弊社ではご葬儀後の49日法要、新盆、100ヶ日、1周忌も承っております。
いつでもお気軽にお問い合わせください。

さいたま市民葬祭
0120-4194-51

ご不幸があり御葬儀を執り行なうことになります。

ご費用面など不安があるかと思いますが、

届人様が生活保護である場合は、住所登録をしている区役所の福祉課にご相談してみて下さい。

生活保護の方は¥212,000までの御葬儀・火葬式(直葬)に最低限必要なものかで減免される可能性がありす。

届人様が福祉課の担当者に連絡とり手続きとなります。

その後は葬儀社が書類などは手続きいたします。

無料にて事前相談も承っておりますので御連絡いただければ幸いです。

さいたま市民葬祭

0120-4194-51

ご親族様に突然、御不幸が訪れた際は病院や施設へ寝台車にて24時間いつでも、お迎えに伺います。

故人様のお帰り先は、ご自宅か弊社の安置所へご移動を選びます。

弊社の安置所は無料にて故人様をお預かりします。

ご家族様に費用面にて、できるだけ負担をかけないよう御葬儀のお話をさせていただければ幸いです。

事前相談も無料にて承っております、ご連絡いただければ幸いです。

さいたま市葬儀葬式家族葬受付葬儀社

0120-4194-51

さいたま市民葬祭

過去に執り行われた花祭壇になります。

色鮮やかな洋花がとても素敵です。

花祭壇には様々なデザインがございます。形や色合い、サイズ等 ご希望にお応えしてご用意致します。

事前相談も随時承っております。どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

さいたま市民葬祭

0120-4194-51

大切なご家族が亡くなり、葬儀の約1か月後に控えているのが「四十九日」です。亡くなったその日を1日目として数え、死後49日目が四十九日となります。この日に合わせて法要、またお墓がある場合は納骨も一緒に行うのが一般的です。また、葬儀の際に使用していた「白木位牌(しらきいはい)」から「本位牌(ほんいはい)」と呼ばれる、亡くなられた方の戒名が書かれた黒塗りの位牌を準備する必要があります。

弊社ではご葬儀後の49日法要、新盆、100ヶ日、1周忌も承っております。
いつでもお気軽にお問い合わせください。

さいたま市民葬祭
0120-4194-51

一般的に御葬儀は通夜式・告別式の二日間で執り行われます。

日本全国をみると二日葬での御葬儀が多く執り行われております。

一日葬は告別式と初七日法要を執り行い、一日での御葬儀となります。

火葬式は直葬とも言われ火葬場で、お別れ式をしてからのご火葬をしていく形になります。

様々な形の御葬儀がありますので皆様の想いを形にした御葬儀のお手伝いをいたします。

無料にて事前相談も承っておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。

さいたま市民葬祭

0120-4194-51

さいたま市民葬祭では、随時事前相談も取り行っております。

対象者の方が、既にご逝去されてからの動き出しではなかなか、状況もあり冷静には判断出来ないものです。各葬家様、お式の形式、費用等違うものです。ご質問、ご不安な点、無料でご対応させていただければと思います。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

さいたま市民葬祭

 

ご親族様が亡くなる事。

いざその時が訪れた際、大事な人の死の受け入れと悲しみに向きあいながらも、短い時間の中でいくつも必要な手続きが発生します。今回は、親が亡くなり大変な状況になっても落ち着いて行動できるよう、まず最初に行う事を記載します。
・親が亡くなられたら、まずは医師に死亡診断書(死因が判断できない場合は「死体検案書」を書いてもらいましょう。死亡診断書(死体検案書)は後々の火葬手続きや死亡保険の請求など、様々な手続きで必要な書類で複数枚必要になるため、医師からもらった後にコピーを取っておきます。
・親が亡くなられた後、葬儀をされたい葬儀社に依頼を行いますが、その前に依頼する葬儀社を決める必要があります。ただ、いざ親が亡くなり深い悲しみの中では冷静に判断する時間と余裕が持てず、病院から紹介された葬儀社や、近場の葬儀社に流されるままに依頼してしまい、結果として後悔を残すご葬儀になってしまうケースを生みます。
さいたま市民葬祭ではご葬家様の状況に合わせた
ご葬儀の提案を致します。
急な訃報があったときはいつでもご連絡ください。
 
24時間スタッフ一同
お問い合わせ受付しております。
過去の5件