さいたま市民葬祭 > ブログ > 宗派による焼香の違い

 

宗派により、焼香の仕方が違う場合があります。

本日は、仏教の主たる宗派の焼香の仕方をまとめてみます。

 

天台宗:回数については特に定めがありません。1~3回

真言宗:通常3回(仏・法・僧に供養すること、身・口・意の三密修行に精進すること、戒香・定香・解脱香と言って、自らが戒律を保ち、心の静寂を求めることができる功徳があると説明される。)

浄土宗:特に定めがない。(心をこめて一心に・身を静め心を清めて・仏、法、僧への帰依。過去、現在、未来の衆生に回向)

臨済宗:回数にこだわりはないが、通常1回

曹洞宗:回数にこだわりはないが、通常2回

日蓮宗:通常3回(仏・法・僧の三宝供養とも、空・仮・中の三諦にならうとも言われる

浄土真宗:あくまで自分の心身清める為とも説明される。本願寺派では1回、大谷派では2回とされている。線香を用いる際は立てないで横にする。

上記のように7つの宗派の焼香の違いをご紹介させていただきました。

その他にもたくさん宗派がありますのでまたご紹介させていただきます。

 

さいたま市 葬儀 葬式 家族葬 受付葬儀社

さいたま市民葬祭

0120‐4194‐51